マーケット暴落への指標

先週から起きている世界同時株安が続くのかが焦点となっています。

調整局面なのか、さらなる暴落へ続くのか、そこを判断する一つの指標として、エコノミストのデント氏はNASDAQの6500ドルをターゲットとしています。2/9の終値が6874ドルだったので、本日のUSマーケットがどう動くかがカギになってきそうです。

 

f:id:kentarocku:20180211183807p:plain

www.investing.com

 

またデント氏はビットコインバブルについてもITバブルを元にしたチャート比較を記載しており、下記2つのシナリオを提示しています。

 

シナリオ1:

前回高値の20,000ドルを超えてピークに達した後、暴落するケース

 

f:id:kentarocku:20180211224615p:plain

 

シナリオ2:

 このまま暴落していくケース

f:id:kentarocku:20180211224655p:plain

 

 

そして、ここ最近のマーケットの動きとしてはビットコインの動きに7-9週ほど遅れてダウが追随しており、もしシナリオ1のケースでビットコインが下げ始めた場合は、NYダウを筆頭とした世界の株価指数も大きく下げて暴落レベルに発展する可能性もあります。

 

あくまで1つの仮説ではありますが、少し頭においておくと、万が一暴落した場合でもパニック売りすることもなくなるかと思います。。もしレバレッジを取りすぎている場合は、しっかり見直しておいたほうがよいです。

ちなみにデント氏は以前2017年中にNYダウが6000ドル前後まで暴落するという予測を立てて、外しています。。。まぁタイミングの予測はほとんどあたらないので、1,2年のずれは誤算の範囲なのかもしれませんね。。

 

デント氏は下記2017年下期に暴落が起こるかどうかという過去記事でも取り上げました。

singaporereit.hatenablog.com

 

世界同時株安は続くのか?

今週は2/5にNYダウが史上最高値幅の1175ドル急落した後、さらに2/8にも1033ドル急落し、一週間で1000ドル以上の急落が2度も発生しました。

しかし変動率でみると、2/5は-4.6%,2/8は-4.15%しか下がっておらず、それぞれ翌日に大きく戻していることもあり、現在のところ暴落というよりは調整の幅でしかありません。

 

 

急落の原因は米国長期債の金利が上昇していることが理由です。この金利上昇を起点として、恐怖指数とよばれるVIXに連動したETNがクラッシュしたことも、さらに下落幅を拡大させた一つの要因となっています。(特にXIVが90%以上下落するなどビットコインでもお目にかかれない暴落っぷりを見せました。)

 

 

株・債券価格が下がっているのと同様、REIT指数も大きく下げています。

シンガポールリートについては 1月ピーク時の870ドルから805ドルまで下落という結果になっています。

 

f:id:kentarocku:20180211131818p:plain

2017年8月あたりの水準まで戻り、半年の上昇分を吐き出した形になっています。 

 

 

投資家の関心はしばらくこの調整が続くのか?それとも短期間で終わるのか?という点です。

 

ここは有名投資家の間でも分かれています。世界最大のヘッジファンドを運営しているダリオ氏は短期間で調整が終わる可能性が高いという見解を示している一方、債券王のガントラック氏はしばらく続くのではという見解を示しています。

 

下記グローバルマクロのサイトに詳細がまとまっているので、ぜひ一読をオススメします。

 

 2017年以降の上昇幅やスピードを考えると、まだまだ高い水準であり、もう一段さらに下落する可能性が高いと思っています。一方、金曜日は200日平均線でキレイに反発しているので、どちらに動くのか注目です。

 

 

 

Ascendas reit

シンガポールREITの中で規模的にも2トップともいえるAscendsとCapita mall reitのうち、今回はAscendasについて。

f:id:kentarocku:20180204153117p:plain

シンガポールREITの代表格であるAscendasは産業系のREITに属します。

 保有物件もビジネスパークを中心とした超優良物件を保持しています。

 

時価総額:8,201 (S$ m)  約6,560億円

<直近四半期(FY17Q3)の実績 >

  売上:217M $  (YoY +4.1%)

  Net Property Income: 157M$ (YoY +1.7%)

  DPU:3.9 (cents) (Fy 17Q3 actual)

  配当利回り:約5.8%

  占有率:91.1% (YoY +0.9%, QoQ -0.9%) 

 

保有物件ポートフォリオの特徴:

シンガポールとオーストラリアの二カ国に分散(シンガポール84% オーストラリア16%)

・ビジネスパーク・サイエンスパークで全体の36%

・データセンターも5%保有

f:id:kentarocku:20180204153433p:plain

 

 アジア系リートのETFではほぼ必ずといっていいほど組み込まれている銘柄であり、シンガポールリートの中でも投信及びETFからの資金流入があり、取引高も多いです。(逆に言うと、昨年からJ-REITで起きていた投信からの資金流出が多くでた場合は株価にマイナスの影響があります。)

 

アジアリート最大規模で安定性もあり、かつ6%近い利回りがあるので、長期投資にも向いています。アジアリートを始めたい方にはオススメの銘柄です。 

 

米国長期金利 2.7%に到達

米国長期金利が2.7%を超えてきたことでニュースとなっています。

www.cnbc.com

style.nikkei.com

 

2018年に入ってからもマーケットは順調に推移していますが、一方で長期金利が急ピッチで上がっているため注意が必要です。

 

 

金利が上昇してくると、株価指数への下落圧力となり、まずは新興国株・債券などのハイリスクハイリターンの資産や金などのコモディティが売られやすくなり、その後、株式市場全体へと波及していきます。

もちろん高配当株やREITも下落要因となってきます。

(低リスクの債券で高い利回りが得られるのであれば、相対的に高配当株やREITの魅力が薄れるためです。)

 

Fed新議長がイエレン氏からパウエル氏へ引き継がれますが、慎重なかじ取りが求められる状況でいきなり大変な役割を負うことになりそうですね。。

 

CapitaLand Mall Q4 堅調な決算

2018年に入ってからもうすぐ一カ月となりますが、世界的にどのマーケットも堅調な株価推移が続いています。シンガポールRIETも例に漏れず、上々な推移となっています。

 

今月続々と発表されている四半期決算の中、S-REITでRetail最大のCapitaLand Mall の決算を見ていきましょう。

 

f:id:kentarocku:20180128155026p:plain

総括して、堅調な決算でした。

株価: S$2.05 (as of  23rd Jan 2018)

Q4

Gross Revenue: S$172.4M (YoY +1.8%)

Net property Income: S$ 119.3M (YoY +2.6%)

Destibutable Income: S$ 102.9M (YoY +0.8%)

DPU(配当金): 2.9cents ( YoY +0.7% )

配当利回り:5.6%

 

 

大型リートということもあり安定的で大きな伸びではありませんが、着実にYoYを伸ばしています。

 

FY2017通期としては

f:id:kentarocku:20180128160046p:plain

・DPUはYoYで+0.4%と成長している

・一方Gross Rev(売上)とNet Property Income(利益) 共にYoYでマイナスとなっている。

の2点がポイントです。

 

Gross revenueがYoYで下がっている要因として、Funanがリノベーション中という点もありますが、下記のグラフでも記載の通り、既存モールでのYoYマイナスも目立っています。

 

f:id:kentarocku:20180128160417p:plain

 

 占有率については、99.2%と大幅に改善傾向を見せており、良い結果です。

f:id:kentarocku:20180128160800p:plain

 

さらに良いニュースとしては、現在建設中のFunanにコワーキングスペースで有名な「WeWork」が入ることが決定したようです。旬な会社の入居はブランディングの面からもプラスですね。

 

シンガポールの好調なマーケット状況と合わせて、建設中のFunanが完成されれば、配当金もさらに上乗せされることを考えると、配当利回りが5.3%を割るまでは、割高感の少ない投資対象と言えます。

ただ、割安感と意味では少々弱いですね。価格が2017年で下がったJ-REITのほうが指標面では割安です。

 

楽天バンガード・米国高配当株式 リリース

2018年から始まったつみたてNISAで投資を始めた人も多くいるかと思います。

今週1月10日(SBI証券では1月12日)より、楽天バンガード・米国高配当株式インデックスファンドがリリースされました。

 *リリースされたばかりの投信なので、つみたてNISAでの買付はまだできませんが、つみたて投資をする上でおススメの投信です。今後つみたてNISA対象になる可能性も高いと予想されます。もちろん通常のNISAであればすでに積立投資可能です。

 

こちらは投信の名前の通り、米国高配当株に投資するインデックスファンドで、

ETFではVYMというティッカーコードです。

 

信託報酬も0.2096%と低コストとなっています。

 

構成銘柄の上位をみると

トップのマイクロソフトを筆頭に優良企業がずらりと並んでいます。

f:id:kentarocku:20180114132525p:plain

 

積立投資をする上で重要なのは、マーケットが下がり始めた時にも

しっかり積立を継続できるかどうかという点です。これらの銘柄を見ていると、安心して長期でホールドできるのではないでしょうか。

 

セクター別でみると、テクノロジーと金融を合わせて30%となり、

全米株式のETFであるVTIと比較すると、10%ほど比率は低くなっています。

 

f:id:kentarocku:20180114133104p:plain

 

過去5年のVYMの価格推移(USD)

f:id:kentarocku:20180114133758p:plain

 

高配当株インデックスはシーゲル先生の著書でも明記の通り、長期投資には最適の銘柄群になります。そして、この投信のよいところとして,ETFと異なり配当が自動で再投資されるため、より積立投資に向いており、”つみたてNISA”対象となった場合はより相性のよいものになっています。通常のNISAを使用している方にもおススメの投信です。

 

 

 

アジアリート市場動向 2017年9-11月

あっという間に2017年も残すところ一週間となりました。

先日発行された最新のアジアリート市場動向レポートをみていきましょう。

マーケットレポート:リンク

 

今年一年、アジアリートを代表する香港リート、シンガポールリート共に堅調な一年でした。

f:id:kentarocku:20171224184048p:plain

一年前と比較して、シンガポールリートは+22%となっています。

これを見てわかる通り、米国・Jリートにとっては伸び悩んだ一年となっています。堅調だった株式市場とは状況がだいぶ異なっていますね。

 

f:id:kentarocku:20171224184555p:plain

分配金もREIT指数と同様に堅調に伸びており、実力値に見合った指数の伸びということがいえそうです。シンガポールの分配金は直近減少しており、オフィス賃料の下落が要因となっています。

 

f:id:kentarocku:20171224184829p:plain

回復兆候が見えているとはいえ、引き続き注視が必要です。商業施設についても若干下げてみえるのは気になります。

 

Valuation面でも確認してみましょう。

f:id:kentarocku:20171224185031p:plain

PBRでみると、年初の1倍をきっていた時よりは割安感は減っています。

ただ利回り5.4%というのは他国と比較すると依然魅力的な水準ではあります。

国債との利回り差をみると、Jリートが一番魅力的に映りますね。

人口が減少傾向にある日本はマーケットとしての魅力は欠けますが、利回り差4%というのは少しずつ投資を始めてよい水準かなとは思います。

米国リートについては利回り差1.7%なので、あまり魅力はないですね。。。NAVでみると、そこまで割高ということもないのですが、今あえて米国リートを選ぶ必要は薄いです。

 

冒頭でも話した通りアジアリートにとって堅調な一年でしたが、それ以上に株式やビットコインが大いに盛り上がった一年でしたね。

米国の減税法案も通過し、FRBの利上げも12月に予想通り実施されました。このまま利上げが続くとみると、REITにとっては逆風になります。どこまで利上げが続くのか、株式含む他のアセットクラスがどう動くかを見ながら2018年もしっかりREITマーケットを追っていこうと思います。